フェイスブック ブログ インスタグラム
ダイビングツアー専門店 福岡ダイビングツアーズbyviking ダイビングツアーWEB予約受付中! 詳しくはこちら

バイキングコラム
ダイビングに役立つ情報、海に関する豆知識など、ちょっとした知恵や工夫などを 月に一度コラムとしてお送り致します。

―

ダイビングの副作用!?
口周りのトラブルについて

こんにちは。
福岡ダイビングツアーズ バイキングです。


さて今回は、ダイビングの身近な疑問にお答えしていきたいと思います。

最初は、「歯」についてです。
ダイビングの最中に歯が痛くなったことはありませんか?
中には痛くて痛くてこれ以上潜れないという方もいらっしゃいます。
原因は、歯のスクイズにあります。

スクイズとはダイバーの身体の内外に抱えている空気が 水圧によって圧縮され、締め付けられる現象のことです。
深く潜れば潜る程、水圧が増していき体内の空間の中にある空気が圧縮されていきます。
ウエットスーツがよじれて身体とスーツにわずかな隙間があるだけでも酷く痛むことがあります。

歯のスクイズの原因の多くは虫歯です。
詰め物として補強物を被せている歯や詰め物をしている歯が再度虫歯になった時に隙間が発生することが多いと言われています。
もしくは、治療の際に補強物と歯との間にわずかな死腔(しくう)と呼ばれる隙間が出来ることがあり、 それが痛む原因になっているようです。
完全に治療が終わっている歯、または軽度な虫歯で有ればダイビングすること自体問題ありませんが 痛みを我慢したまま深く潜降すると、歯の詰め物が取れたり壊れたりする場合があるので、 痛みを感じたらダイビングを中止し、歯科を受診しましょう。

現在歯を治療中の方は治療が終わってからダイビングに行くことをオススメします。
治療の際には、ダイビングをする旨を伝えて、隙間のないように詰め物を詰めてもらうといいですね。
長い間、歯医者に行っていない方はダイビングに行く前に一度健診をしてもらうと安心です。
健康な歯で思いっきりダイビングを楽しんでくださいね。


さて、次は「顎」についてのお話です。
ダイビングのあと、顎が疲れたり痛くなったりした経験はありませんか?
これは、マウスピースを強く噛みすぎたり、奥歯で噛みしめるなど顎の力が均等にマウスピースにかかっていない場合に なりやすいと言われています。
多くの場合は、筋肉を温めマッサージをすることで、痛みは引きますが、酷い場合は顎関節症にまで発展する場合もあります。
痛みが酷い場合や、長く続く場合は、早めに歯科医や、口腔外科の受診をしましょう。
予防法としては、自分の口に合ったマウスピースを付け、なるべく強く噛まないことを意識することです。

また顎関節症は、ストレスが強い場合や疲れがたまっている時などに 発症しやすいので、ご自身の体調と相談して疲れがたまっているときは ダイビングを控えた方がいいでしょう。

いかがでしたか?
体調面で気になることがあるようでしたら 些細な事でもスタッフに相談して下さいね。

お問い合わせはこちら MAIL:info@viking-divers.jp
ツアーのWEB予約はこちら
メールフォームはこちら
サイトマップ